Do you have the time?

Cats

CM


  •     ▲楽天

  • PEPPY
    犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』
  • フェリシモ
    フェリシモ「コレクション」
  • トイザらス・ベビーザらス
    トイザらス・ベビーザらス オンラインストア

  • 今年はどうしよう(・・?
    婦人画報のおかいもの


気になる、気になる

  • ▼2016/11/4 発売!
    ▼2017/2/3 発売予定▼
    ONE PIECE(84): ジャンプコミックス
  • ▼2016/12/16発売!


  • ▼ デイリーランキング楽天


    ▼ 型紙の付録は狙いたい♪

売れてる本路線  

サービス、送料、手数料を比較検討♪

  • ▼書店受け取りで送料、手数料無料▼
    Honya Club.com
  • ▼1,500円以上で送料無料▼


  • ▼ライフスタイルに合わせて▼
  • ▼セブン-イレブン受取りで送料無料!オムニ7▼
  • ▼コンビニ受け取りも選べる▼




  • Used在庫はどうなのかと▼
    フルイチオンライン

    ブックオフオンライン

はずむ生活    

  • なんだかワクワク
    本当に欲しいものをリクエスト&プレゼント!【ベビーザらス】
  • クリアランス特集【トイザらス】
  • ときどき、はずみすぎる
    婦人画報のおかいもの
  • 季節を愉しむとき
  • 使いごこちもデザインも、世界のいまばり♪(愛媛発) 楽天
  • おしゃれな暮らしのお買い得を見つける

    レジャーシーズンは続く……☆彡
  • ここからこれから
    アフィリエイトならリンクシェア

猫の絵本

ポテトスープが大好きな猫/テリー・ファリッシュ 作/バリー・ルート 絵/村上春樹 訳

ポテト・スープが大好きな猫 Book ポテト・スープが大好きな猫

著者:T. ファリッシュ
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

ポテト・スープが大好きな猫 (講談社文庫) Book ポテト・スープが大好きな猫 (講談社文庫)

著者:テリー・ファリッシュ
販売元:講談社
発売日:2008/12/12
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

村上春樹の翻訳絵本で「ポテトスープが大好きな猫」という作品があって、牝の“Orange cat”とおじいさんとの静かな生活を描いたほのぼのと涙がこぼれる絵本で、牝猫についての細かな表現がたまらなく、村上春樹が翻訳した絵本の中ではいちばん好きな作品なんです。
“Orange cat”とは、日本でいう「茶トラ猫」。
日本でも、茶トラを赤トラと呼んだりもしますけど。

作品の猫は、おじいさんが作ってくれるポテトスープが大好きなのですが、はたして、猫がポテトスープを飲むのかしらと、この絵本を読んで以来、ずっと興味シンシンで、いつか試してみたくていたのでした。

昨年とは打って変わって、今年になってからは生活の大半を女子猫勢と過ごすようになり、お互いに食事をとる部屋もいっしょにならざるを得ない生活スペースで、うちの場合、どちらかというと、男子猫勢よりも女子猫勢の方が聞き分けがなく、性懲りもなく、そして食いしん坊なのですが、(男子も短毛種の猫たちは食いしん坊でした)
隣りのキッチンスペースで自分用の食料を調達していると、たいがいは「チンッ」という音の聞こえる食料なもので、ガラスの引き戸の向こうにいる時点から、女子猫勢合唱団の声が聞こえていて、押し合いへし合いのシルエットが映っていて、引き戸を開けた瞬間から、合唱団がわたしを追いかけまわすことになるのです。

「だめですよ。これは人間さまのごはんですよ」

と言っても、小さな座卓のフチに顔を近づけてきて、ヒクヒクヒクヒク、鼻を動かし続け、鼻先をぐぐっと押し返すと、ふさふさした尻尾をゆらゆらとくゆらせながら、わざわざ座卓の下をくぐり抜けていきます。
尻尾の先で食料の品定めをしているかのよう。

そして、今度はモグラ叩きゲームのモグラたちのごとく、座卓下の右から左から、向こう側から顔が近づいてくるのでした。

それでも、わたしが食事をしている間は阻止できるのですが、追加のトーストを焼いてこようとか、ごはんのお代わりをよそいにいこうと席を外すときには気が気ではありません。

トレーごと一式をキチン側に持っていってお代わりをよそったりしていたのでしたが、それもだんだん面倒になってきて、もうこの頃は大丈夫になっただろうからと座卓の上に置いたまま、追加を用意しにいったところ、まさかのすきをつかれ、インスタントのポタージュスープの味見をされているわ、食べかけだった唐揚げがひとかけ消えているわ……。

ポタージュスープ――うちの食いしん坊な女子猫ときたら、なんと、カップに入っていたポタージュスープをなめてしまってました。
猫舌なのに熱々スープにびっくりしたようすもなく、おいしそうに口の周りをなめていたのでわたしにバレたのでした。

ポタージュスープの犯人も唐揚げを横取りした犯人も同じ薄茶トラ猫で、昨年の3月3日に生まれた3姉妹のうちの1頭。
別の日には、しじみのお味噌汁もなめちゃった。
黙っていれば(?)、メインクーンで通る顔をしてるのに(´∀` ;)

霞(かすみ)/座卓下にて

この3姉妹は、生後4週間目の朝に、離乳食を通り越していきなり勝手にドライフードを食べ始めていて、こちらが慌てて離乳食の缶詰をあげたくらいで、しかも、母猫たちにニボシをあげていたら、チャカチャカ横取りをして、「キーッ」とか「ウーッ」とか大騒ぎになり、しっかりと咥えたニボシを口から離さなかった子たち。
仕方がないので、指先を齧られながらニボシを取り出し、細かくほぐしてあげたのでしたが。


’09/4/5撮影

食い意地の張っていた分、トイレのしつけも1度で覚え、お昼寝のときにも1度キャットタワーに乗せてあげたら、次回のお昼寝のときからは自分たちでサッサとタワーに上ってお昼寝をしていたりと、手が掛からなかった子たちでもあるのです。

かくして、猫がポテトスープを飲むかどうかというわたしの謎は解けたわけでしたが、なまじっか、ときどき、猫に手作りごはんをあげたりしていただけに、猫の食べ物と人間の食べ物との区別がつくまでは、観念したように見えていても、まだまだ油断大敵なのでした。

 

ブログランキングへ
ブログランキング

ブログランキングへ
ブログランキング

“遊”と暮らす 3/空飛び猫

身構えた牝猫ハンター午前2時 はね跳び駆ける1LDK

(ももかわつきな)

 

空飛び猫 Book 空飛び猫

著者:アーシュラ・K. ル・グウィン,S.D. シンドラー
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

帰ってきた空飛び猫 Book 帰ってきた空飛び猫

著者:S.D. シンドラー,アーシュラ・K. ル・グウィン
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

素晴らしいアレキサンダーと、空飛び猫たち Book 素晴らしいアレキサンダーと、空飛び猫たち

著者:S.D. シンドラー,アーシュラ・K. ル=グウィン
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

本書を読んだ当時は、アーシュラ・ル=グウィンが『ゲド戦記』の著者だったことを知りませんでした。不思議な猫のファンタジー絵本で、猫好きな村上春樹の翻訳本だったので、迷わず購入しました。

S.D.シンドラーの絵のイメージもマッチしていて絵本としてはちょっと難しいのですが、深みのある作品です。

シリーズ文庫版も発売されています。

 

Access

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Information

ポチッと参加中  

かくかくしかじか 

  • 薄茶な女子猫家族

    (母猫)
    Amisportio_006

  • の娘)
    Amisportio_005
  • の従姉妹)
      '16年1月24日永眠
      (享年6歳8ヶ月)
    Amisportio_011
  • 月(つっき~)椛(はな)
      '16年11月15日・保護
    1483836323422.jpg
    '16年9月生まれ(キジトラ兄妹?)

    (=^・・^=)(=^・^=)(=^・・^=)(=^・^=)

  • ▼ 管理人(つきな)の別ブログ
    カルボナーラでごきげん♪
    猫よりもぐうたらなどったらこうたら

仮想空間コミュニティに棲息中

  • 同居中のニコネコ・キャンティ(♀)

    同居中のニコネコ・ティオペペ(♂)

    同居中のニコネコ・マイヤーズ♪(♀)

    同居中のアルパカ・ビーフィーター(♂)

    同居中のシロクマ・チンザノ(♂)

    同居中のニコパンダ・クァチュウ(♂)

    同居中のニコウサギ・ポメリー(♀)

  • ネットでポイントを貯めてネットで遊ぶ
    マクロミルへ登録

どったらこうたら


  • ことづてあればどうぞ♪



  • ヒトと愛猫の生活情報誌「ねこのきもち」

Amazonいろいろ

見つけた、見つかった♪




  • ▼ 楽天

にゃんこのためならエン~ヤコ~ラっと♪

  • PEPPY

    犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』

無料ブログはココログ